平成28年度 医療法人徳洲会 帯広徳洲会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 13 32 42 73 196 209 317 162
※平成28年度(平成28年4月1日~平成29年3月31日)のうちに当院を退院された患者さんの数を年代別に表したものです。
高齢化に伴い、60歳以上の患者さんの割合は84.2%となっております。そのうち最高齢の方は105歳でした。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 39 27.36 15.29 2.56 89.21
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 37 25.14 12.43 5.41 87.57
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 27 20.37 21.25 7.41 84.33
0400801499x012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 23 27.87 18.71 4.35 87.7
050130xx99000x 心不全 22 28.95 17.95 4.55 90.32
※「平均在院日数(全国)」は厚生労働省より公表されている、全国DPC対象病院の平成28年度における在院日数の平均値です。
※肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)の項目は2つあるのは、肺炎の重症度によってDPCコードが変わるためです。
※当院内科の特色としては、肺炎、尿路感染症等で入院される患者さんが多くなっております。近隣施設等の入所者さんの上記疾患での急変にもできる限り対応しております。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 34 2.06 3.06 0 69.03
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 4.71
050050xx99101x 狭心症、慢性虚血性心疾患 5.11
050130xx9910xx 心不全 15.90
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 5.85
※札幌東徳洲会病院循環器科と連携し、診断目的での心臓カテーテル検査を中心に行っております。
※病院情報公表の集計条件に基づき、10症例未満の数値は、-(ハイフン)としています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 24 11.83 11.06 0 80.42
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 18 2.94 4.48 0 66.72
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 18 12.5 9.08 0 75.94
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 15 6.87 4.41 0 61.13
060020xx99x7xx 胃の悪性腫瘍 10 2.6 8.11 0 68
※当院外科の特色としては、内視鏡を用いた胆管結石治療のための入院が最も多くなっております。それ以外でも全身麻酔化で行う手術目的や悪性腫瘍に対する抗がん剤治療などを中心に行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 0 0 0 0 2 16 1 7
大腸癌 0 1 2 1 2 36 1 7
乳癌 1 0 2 0 0 8 1 7
肺癌 0 0 0 1 0 4 1 7
肝癌 0 0 0 0 0 5 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
※日本で5大がんと呼ばれるがん(胃がん・大腸がん・乳がん・肺がん・肝がん)の患者さんについて初発のUICC病気分類別数、再発数に分けて集計しております。平成28年度中に退院した延べ患者数となっております。
※当院では大腸がんの患者さんが初発、再発共に多くなっております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 3 7.67 41
中等症 104 21.91 80.73
重症 17 29.12 86.24
超重症 10 31.9 88.8
不明 0 0 0
※成人(15歳以上)の市中肺炎患者さんの重症度(0軽症~5超重症)別に、平均在院日数と平均年齢を表しております。
※平均年齢は中等症以上については大きくは変わりませんが、平均在院日数については重症化するほど長くなる傾向になります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
※病院情報公表の集計条件に基づき、10症例未満の数値は、-(ハイフン)としています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 71 0.15 1.23 0 67.06
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm以上)
K654 内視鏡的消化管止血術
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術)
K688 内視鏡的胆道ステント留置術
※札幌東徳洲会病院消化器科と連携し、内視鏡での良性ポリープ切除術に力を入れています。
※病院情報公表の集計条件に基づき、10症例未満の数値は、-(ハイフン)としています。
循環器
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他の者もの)
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの)
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合)
※札幌東徳洲会病院循環器科と連携し、胸痛などの虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)に対し、バルーンで血管を拡げステントを挿入し、血管の中が拡がった状態を保つPCI(冠動脈ステント治療)を行っております。
※病院情報公表の集計条件に基づき、10症例未満の数値は、-(ハイフン)としています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 27 0.07 1.22 0 74.59
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 22 1 13.55 0 81
K6335 鼡径ヘルニア根治術(1側)
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術
※内視鏡を用いて、胆管が閉塞・狭窄し胆汁の流れが不良になった場合に、ステントを使用して胆汁の流出路を作る治療が行われています。
※また、全身麻酔下での手術にも対応しております。
※病院情報公表の集計条件に基づき、10症例未満の数値は、-(ハイフン)としています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
※この指標は医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないが少しでも改善すべきものとして、敗血症・DIC・手術、手術後の合併症、その他の真菌症について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して対象患者様の人数と発症率を示したものです。
※病院情報公表の集計条件に基づき、10症例未満の数値は、-(ハイフン)としています。
更新履歴
2016年9月29日
平成27年度病院指標を公開
2017年9月29日
平成28年度病院指標を公開
Copyright © Obihiro Tokushukai Medical Corporation