HOME院長挨拶理念・概要医師紹介個人情報保護患者様の権利お問合せリンクサイトマップ
診療科あんない 医師紹介 看護部紹介外来診療表24時間診療入院あんない地域医療福祉連携室送迎バス運行表アクセスマップ健康友の会病院情報の公表実施中の臨床研究 バナー 徳洲会グループ 病院の取り組み 徳洲会グループ医師・看護師の募集、求人、転職、紹介サイト。徳洲会医師・看護師人材センター 未来医療研究センター 徳洲会グループ治験審査委員会 徳洲会グループ倫理委員会
 
内視鏡室 紹介
 内視鏡室は、1階にあり、上部消化管内視鏡検査、下部消化管内視鏡検査をはじめ、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)など多岐にわたる検査を行っております。
近年の内視鏡の進歩に伴い、当院でも内視鏡治療を積極的に行い、食道、胃、大腸の腫瘍切除術(ポリペクトミー、EMR、ESD等)、消化管出血に対する内視鏡的止血術(クリッピング、EVL等)、胆膵の内視鏡治療(ERCP、EST、EBD、結石除去等)、上部・下部消化管狭窄へのステント治療など多種の内視鏡治療も行っております。
嘔吐反射の少ない鼻から検査ができる経鼻内視鏡カメラスコープも備えております。
また、最新型ハイビジョン電子内視鏡装置と共に狭帯域光観察(NBI=Narrow Band Imaging)を導入し、これを拡大内視鏡と併用し早期癌の発見や癌の範囲診断などの内視鏡診断に役立てています。
ガイドラインを遵守した内視鏡カメラスコープの洗浄・消毒履歴管理を行い、安全・清潔な内視鏡カメラスコープを使用、処置具に関しても同様にガイドラインを遵守し、安全な検査治療が行えるよう感染予防対策もしております。
当内視鏡検査は、緊急時を除き、予約制となっております。検査を希望の方は、外来・病棟にてお気軽にご相談いただければ幸いです。
上部消化管内視鏡検査
 上部消化管内視鏡検査は、一般に「胃カメラ」と呼ばれている検査で、胃だけではなく食道・胃・十二指腸を観察する検査です。食道・胃・十二指腸に生じる病変(炎症、ポリープ、潰瘍、癌など)の有無やその程度を診断することで、病変部位の組織を採取(生検)することができ、病理組織診断を行うことができます。また、出血部位の止血やポリープ切除等の治療も行うことができます。
下部消化管内視鏡検査
 下部消化管内視鏡検査は、一般に「大腸カメラ」と呼ばれている検査で、肛門から内視鏡カメラスコープを挿入して、直腸・S状結腸・下行結腸・横行結腸・上行結腸の内腔を観察する検査です。
粘膜に生じた炎症や潰瘍、ポリープや癌、憩室などの診断ができ、出血部位の止血やポリープ切除等の治療も行うことができます。
下部消化管内視鏡検査は、糞便があると検査が困難もしくは不可能になりますので、全ての糞便を排出させる前処置が必要となります。
当院では、緊急時を除き検査は予約制で、午前から来院していただき前処置、午後に検査を行います。
胆管膵管造影(ERCP等)
 口から十二指腸まで専用の内視鏡カメラスコープを挿入し、その先端から胆管、膵管に造影チューブを挿入し造影剤を入れて、胆管や膵管のX線写真を撮り検査します。内視鏡的逆行性胆膵管造影法(ERCP)といいます。 また、治療も行っており、内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)や内視鏡的乳頭バルーン拡張法(EPBD)、内視鏡的胆管ドレナージ術(EBD)、総胆管結石に対する内視鏡的載石術、砕石術等も行っております。
     
診療実績

上部消化管内視鏡検査

(処置・治療・手術含む)

  • 平成25年度 1214件
  • 平成26年度 1209件
  • 平成27年度 1085件

下部消化管内視鏡検査

(処置・治療・手術含む)

  • 平成25年度 382件
  • 平成26年度 354件
  • 平成27年度 366件

胆管膵管造影

(処置・治療・手術含む)

  • 平成25年度 73件
  • 平成26年度 56件
  • 平成27年度 29件
     
担当医師
帯広徳洲会病院 札幌東徳洲会病院
副院長 有山 悌三
院長 太田 智之
主任部長 木村 圭介
部長 伊藤 貴博
部長 佐藤  龍
部長 坂本  淳
     
上部消化管内視鏡検査の料金
  3割負担
内視鏡検査費用のみ 約4,000円
組織検査を行った場合 プラス 約4,000〜8,000円
検査の状態・結果により、他の処置・手術を行った場合は、
上記金額が変わりますので、その都度お問い合せください。

下部消化管内視鏡の料金
  3割負担
内視鏡検査費用のみ 約6,000円
組織検査を行った場合 プラス 約4,000〜12,000円
検査の状態・結果により、他の処置・手術を行った場合は、
上記金額が変わりますので、その都度お問い合せください。