令和2年12月18日に新型コロナウイルスによる院内クラスターが発生し、その後長い期間、患者様とそのご家族様、地域の皆様、関係者の皆様など多くの方々にご心配、ご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます。また、入院療養中にお亡くなりになられた患者様のご冥福を職員一同心よりお祈り申し上げます。

この度、最終陽性者の発症日である1月22日から14日が経過したため、帯広保健所と協議した結果、令和3年2月5日をもちまして新型コロナウイルスによるクラスターの健康観察期間が終了(収束)したことをご報告いたします。

今回のクラスター発生の対応にあたり、帯広保健所、国立感染症センターの先生等、多くの皆様のご支援、ご指導を賜りました。心より感謝申し上げます。また、個人の方や医療関係者、学校関係の皆様、企業・各種団体の皆様からの暖かいご支援、激励のお言葉は、これまで経験したことのない環境下で業務を行う私達の心の支えとなっていました。本当にありがとうございました。

クラスター収束をうけ、まずは2月8日(月)より、予約の方の診療を再開いたします。その他の通常外来診療、発熱外来、救急車対応、通所リハビリ、新入院につきましては順次再開する予定です。再開時期につきましては改めてご報告いたします。

職員一同これまで以上に感染予防対策を強化し、安全で安心な医療の提供に努めてまいります。引き続き皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

令和3年2月6日