帯広徳洲会病院

文字サイズ
閉じる
メニュー

診療科・部門

診療科・部門

内科

内科のご案内(ご挨拶)

内科は、当病院の業務の中核を担う消化器外科と協力しながら患者さんの診療にあたってきました。主たる業務は、呼吸器系、消化器系、循環器系などの急性期内科疾患への対応、高血圧・糖尿病などの慢性期の生活習慣病のフォローなどで、年齢層及び疾患レベルも多岐にわたります。

最近は、新型コロナウイルスに代表される感染症疾患のパンデミックへの対応などが内科運営の新局面として医療重要度を増しています。

この様な情勢の中、受診される患者さんを幅広く受け入れて、当科で対応できる症例に関しては自己完結を目指し、高い専門性を求められる疾患については、地域にある専門科へのコンサルトを行って、個々の患者さんにとって何がベストなのか、我々はその方向性を常に模索します。

医療資源を有効に分配する観点を理解して各症例のベストな方向性を体現する事は、我々の診療には欠かせません。
とりわけ最近は、十勝地区における医療の棲み分け、高齢化社会の進行などの社会構造の変化を背景をして、地域社会から当院に求められるニーズも少しずつ変化してきている事を痛切に感じます。
すなわち、複数科にまたがる疾患を抱えたご高齢の患者さんが多く受診され、病棟の入院ベッドもその多くを高齢者層が占める現実があります。

患者さんの幸せのゴールはどこにあるのか。
医学的な視点を内包するその外側には、個々の患者さんが営む生活の目標が無限に広がります。当院の内科は、それぞれの患者さんの全体像を的確に把握することを心掛けて、日々の診療に努めます。

患者さんが抱える問題は、医学的側面からのアプローチのみでは決して解決できません。
そこには、ソーシャルワーカーやケアマネージャー、そして医師や看護師及びコメディカルと業務を共にする様々な医療スタッフの協力が必要です。これからのスタッフは、介護や福祉の視点に厚く、医療制度にも精通し、我々のチーム力の源泉となります。

この様な視点に重きを置き、地域社会を俯瞰しつつ、個々の症例が向かうべき幸せのゴールを演出することが、当院の内科が地域に果たす大きな役割の一つだと言えるでしょう。

内科の特徴・特色

内科では、複数科にまたがるプライマリ症例や高齢者の症例がその多くを占める特徴があります。

これらの症例に対して、常勤医3名と研修指定病院から地域研修に入る数名の研修医が、看護師及びコメディカルスタッフと協力しながら日々の診療にあたっています。

外来は、一般外来、発熱外来、健診、消化管内視鏡検査などを主な業務とし、また高齢施設への定期的な訪問診療も行っています。

入院は、4Fにある障害者病床及び地域包括ケア病床と、3Fの急性期病床を幅広く担当し多岐にわたる症例に携わります。

十勝の地域にあって、近隣のクリニックとの協力や専門科を有する基幹病院との連携を重視し、また地域の高齢者施設とも良好な関係牲を構築して、患者さんの診療を行っています。

当院の内科は、患者さんを医療者側から選別するのではなく、受診する全ての患者さんに対して、基本的にまずは受け入れることを心がけて診療しています。